みらいふる鎌倉創立55周年記念事業 席上揮毫&講演会 金澤翔子さん 泰子さん

   台風19号前、晴天の日、55周年記念事業に「金澤翔子さん・泰子さん」をお迎えした。
今年は、鎌倉市制80周年を迎える年でもあり市の協力のもと「鎌倉芸術館」で盛大に開催された。
鎌倉市長の松尾崇さんからは第2回地域共生社会推進全国サミットへ出張中ですがこの記念事業に対して、ビデオメッセージを頂き、館内へ放映された。
金澤翔子さんには席上揮毫で「共に生きる」・泰子さんには「ダウン症の娘と共に生きて」の講演があった。
金澤翔子さんからは「みらいふる鎌倉」広報紙の題字「みらいふる」を会長に手渡された。次号90号11月22日発行分から題字として使用されることになった。
鎌倉市も4月から「共生社会を目指す条例がスタート」し、みらいふる鎌倉でも市との連携を深め共生社会の実現のため共に邁進していきたいと思っています。